50代 結婚したい 健全な恋活サイト

色々あるけれどそれでも結婚したい場合の準備と心構え

どうしても結婚したい

良いパートナーが現れたら、結婚するか恋人のままでいるか?これは大きな問題です。

 

自分が恋人でいたくても、相手が結婚を望む場合は、関係が成立しません。その逆もそうですね。

 

また、お互いが結婚したくても、回りの状況が許されず、別れを告げるか恋人でいることを余儀なくされるケースもあります。

 

結婚することにはメリットもデメリットもありますが、恋人でいることにもメリットとデメリットがあります。

 

結婚することのメリットは、社会的に認められると言うことです。まず、妻や夫と言う立場に立つことができ、遺産相続などで財産を所有する権利が発生します。また、離婚に至った場合は、慰謝料も請求できます。(※恋人同士でも、慰謝料が発生する場合もあります)

 

冠婚葬祭の列席は、立場上は何の問題もなくなります。また、相手が病気になった時、医師の治療説明や治療方針に妻や夫の立場として積極的に参加し、意見を述べることができます。

 

デメリットは、上記の様な権利が発生すれば義務も発生すると言うことです。

 

恋人でいる限りは、相手の親族などと積極的に係る義務が無いため、関わりたくない場合は気楽な立場でいることができます。
その代わり、社会的な行事や大切な決断の時には、表立って活躍することは難しくなります。

 

結婚とは相手とするものですが、社会や世間とも結婚すると言うくらいの覚悟があると、何かが起こった時に慌てることなく対応が取れると思います。


結婚は簡単には別れることができないため安心感を得られる

恋人でいれば、後腐れなく簡単に別れることができます。これが良い場合と悪い場合とケースバイケースですが、
結婚すれば恋人同士のように簡単に別れることができないため、より大きな安心感が得られます。
社会的に約束された物の無い恋人同士がとても不安に感じる人は、やはり結婚したほうが、心の安定を覚えることができます。

 

特に、相手の方が浮気症と感じた場合、結婚したほうが、自分から離れてしまう可能性は低く感じます。
相手を自分だけの者にできたという勝ち誇った気持ちも生まれるかもしれません。
精神的な安定は恋人より大きなものかもしれませんね。

 

大手企業の運営するユーブライドならきっと見つかる