熟年結婚 お金の問題

結婚や恋愛にはお金も大切

結婚はお金が大切

 

お金は大切です。

 

愛があればお金なんて・・・と言いたいところですが、この年令になるとお金が避けて通れない問題です。

 

10代、20代の恋愛ならともかく、50代以降は、たくさんの現実が待っています。お金が原因で、離婚に至ったケースはとても多く、お金は喧嘩の原因にもなります。

お金の問題がトラブルになる

再婚 お金のトラブル

長い間結婚していた夫婦なら、お互いの財政事情もわかり、2人で築き上げた財産は、2人のものと言う感じがあります。

 

ところが、50歳を過ぎて結婚した場合、相手の財産はまだ相手のものです。共有の財産になるには、それなりの年月と貢献度が必要です。

 

亡くなった場合は、遺産相続として受け取る権利はありますが、生活費となるとまた別の話し。

 

どちらかの財産を食いつぶすのではなく、話し合いのもと生活費の割合を決めることが大切です。相手の男性または女性が、すべてを受け入れ「自分が全部養ってやる」と言う覚悟で結婚した場合は、別です。

 

シビアな話ですが、相手の話を鵜呑みにして結婚し、実際に生活を初めてみると、お金が無かったと言うケースが多々あります。すぐに離婚するわけには行かず、自分のお金を持ちだして生活するのが精一杯と言う状態に陥り、結婚しなければ良かったと後悔した人もいます。

 

若いころと違い、これから2人で築きあげるには時間が足りません。老後は、年金や貯金に頼る生活になります。そうなる前に、お互いのお金を当てにすることなく結婚できたら、お金のトラブルに巻き込まれる可能性は低くなります。

 

また、夫がなくなり遺族年金をもらっている女性の場合、結婚すると元夫の遺族年金はもらえなくなります。その後、離婚した場合は、元に戻ることはありませんので、収入の道は経たれます。

 

一般的な生活費の他、固定資産税などの税金などどのように負担するかしっかり話し合っておきましょう。

 

 

 

 

 


関連ページ

熟年結婚後の家
熟年結婚で注意する家の問題
熟年結婚の遺産相続
熟年結婚で注意する遺産相続の問題
熟年結婚の親や相手の介護
熟年結婚で注意する親の看病や介護の問題
熟年結婚の仏壇・お墓
熟年結婚の仏壇やお墓の問題
熟年結婚・熟年再婚後のトラブルを生むケース
中高年や熟年の結婚・再婚には思ってもみない壁や障害があります。色々なトラブルのケースを知って、失敗しない結婚・再婚をしましょう。