熟年結婚 家の問題

2人の家はどうするか?どちらの家に引っ越すか?

熟年再婚 家の問題

家もシビアな問題を抱えています。

 

どちらの家にも子供が同居している
どちらかの家に子供が同居している
どちらの家にも子供が居ない

 

このようなケースが考えられますが、たとえ、どちらの家にも子供が同居していなくても、仏壇があったり、子供が里帰りをする場合、家は処分することはできません。

 

また、老親と同居しているケースでは、老親を置いて来るわけには生きませんので、どちらかが老親のいる家に住むか、老親を連れての同居となります。

 

まったく新しい家に住む(持ち家か賃貸か)
夫となる人の家に住む
妻となる人の家に住む

 

同居の前にしっかり話し合っておく必要があります。決まり事を作り、なし崩しで同居することはオススメしません。

 


関連ページ

熟年結婚後のお金
熟年結婚で注意するお金の問題
熟年結婚の遺産相続
熟年結婚で注意する遺産相続の問題
熟年結婚の親や相手の介護
熟年結婚で注意する親の看病や介護の問題
熟年結婚の仏壇・お墓
熟年結婚の仏壇やお墓の問題
熟年結婚・熟年再婚後のトラブルを生むケース
中高年や熟年の結婚・再婚には思ってもみない壁や障害があります。色々なトラブルのケースを知って、失敗しない結婚・再婚をしましょう。