50代 恋人が欲しい 健全な恋活サイト

熟年結婚に立ちふさがる5つの壁記事一覧

熟年結婚後のお金

お金は大切です。愛があればお金なんて・・・と言いたいところですが、この年令になるとお金が避けて通れない問題です。10代、20代の恋愛ならともかく、50代以降は、たくさんの現実が待っています。お金が原因で、離婚に至ったケースはとても多く、お金は喧嘩の原因にもなります。

≫続きを読む

熟年結婚後の家

家もシビアな問題を抱えています。どちらの家にも子供が同居しているどちらかの家に子供が同居しているどちらの家にも子供が居ないこのようなケースが考えられますが、たとえ、どちらの家にも子供が同居していなくても、仏壇があったり、子供が里帰りをする場合、家は処分することはできません。また、老親と同居しているケ...

≫続きを読む

熟年結婚の遺産相続

熟年の結婚・再婚で1番辛いのが、結婚して直ぐに相手が亡くなってしまった場合ですね。法律では、籍を入れるとその日から、遺産相続の権利が発生します。再婚後、長い間連れ添った場合と短い場合とでは、残された家族や親族の気持ちが違ってきます。割り切って遺産を受け取れるだけの強い気持ちがあれば良いですが、「お金...

≫続きを読む

熟年結婚の親や相手の介護

熟年結婚の場合、どちらの親も歳を取っている可能性が高くなります。両方の親が亡くなっている場合や、親の面倒を見る必要がまったく無い人は逆に結婚の条件としては良くなります。結婚のマッチングの条件は、年収や持ち家、相手の職業や趣味など色々ありますが、「親がいない」と言う条件を入れると、マッチングの数はぐ〜...

≫続きを読む

熟年結婚の仏壇・お墓

熟年結婚で1番やっかいなのが、仏壇とお墓です。特に男性の元妻が死別している場合は、仏壇とお墓を所有している可能性があります。仏壇には、元妻の位牌、お墓には元妻の遺骨があり、子供がいれば、お参りに来ます。相手の男性がたとえ元妻の面影を引きづらなくても、子どもや元妻の親戚には大切な思い出がたくさんあるの...

≫続きを読む

熟年結婚・熟年再婚後のトラブルを生むケース

できるなら籍を入れて一緒に住んで、生涯仲良く助けあって過ごしたいと思いますよね。どちらかが先に亡くなっても、相手の残してくれた思い出や経済的な支援があれば安心していられます。また、お墓も一緒に入れるなら、それに越したことはありません。ところが、お墓の問題を含めて、そこには大きな壁が立ちふさがります。...

≫続きを読む